【不眠と睡眠薬の関係】

まずは眠れないことを受け入れよう。不眠の原因と解決方法

投稿日:2018年7月25日 更新日:

「眠りたくてもなかなか眠れない…いつも睡眠不足」
「せっかく眠っても夜中に何度も起きてしまう」
「目覚めるのが早すぎてアラームの意味がない」

このような睡眠にまつわる悩みを抱えている人は、日本人の5人にひとりとも言われています。
一般的な病気とも言える不眠症ですが、眠れないだけだし…と、積極的な対策や治療を行わないまま症状が悪化している人もいるのではないでしょうか。
ここでは、不眠を引き起こす原因と不眠が続いたときの対処法についてご紹介していきます。

不眠症かも?眠れない日が続いたら

ただの睡眠不足、されど睡眠不足。
しっかり眠れない夜が続くと日中の疲れがとれないだけでなく、肥満や高血圧の原因にもなりかねません。
まずは不眠症についての理解を深め、原因に当てはまる生活習慣はないか振り返ってみましょう。

不眠症とは?

不眠症を簡単に言うと、“十分に睡眠がとれていないことで、生活や心身の活動に何らかの支障をきたしている状態”です。
「寝る時間がない」というのは睡眠不足に留まりますが、眠ろうとしているのに眠ることができず、日中の活動に影響が出ているのであれば不眠症ということです。

不眠症のなかにもいくつか種類があり、

・横になってもなかなか寝つけない入眠障害
・一旦眠っても夜中に何度も目覚めてしまう中途覚醒
・睡眠時間は足りているのに熟睡感がなく、疲れが残っている熟睡障害
・起床時刻よりも大幅に早く目が覚めて、二度寝ができない早朝覚醒

これら4つにカテゴライズされます。
症状がひとつだけ現れる人もいれば、同時にふたつの症状に悩まされる人も。
ひとことで不眠症といっても、抱えている症状には個人差があります。

不眠症になってしまう原因

不眠症を引き起こす主な原因について、大きく5つに分類されています。

1、心の不調
学校や職場での人間関係がうまくいっていない、業務内容に自信がない、家庭内のトラブルなど、心配事やイライラすることは誰にでもあるでしょう。
しかし、不安やストレスによって交感神経(活動を司る神経)が刺激されると脳が休息モードに切り替わらないので、眠ろうとしても眠れないという状態に陥ってしまいます。

2、身体の不調
ねんざや肉離れなどの痛みや、アレルギーによる肌のかゆみ、喘息の呼吸の乱れなど、さまざまな肉体の不調が原因で眠れないということがあります。
不眠の明確な原因がわかっている場合には、まずはじめに体の治療を行います。

3、心の病気
うつ病や統合失調症といった精神疾患の症状として、不眠が現れることがあります。慢性的な不眠症に悩んでいる人の3分の1から半分くらいの人は、精神疾患だと言われています。

4、嗜好品の影響
お酒(アルコール)やコーヒー(カフェイン)、煙草(ニコチン)などの摂取習慣があると、脳を刺激して眠りにくくなります。

5、体の仕組みの乱れ
時差ボケや、昼夜逆転の勤務体制などで体内時計のリズムが乱れ、安定した睡眠が取れなくなってしまいます。
また、一日中屋内にいて太陽の光を浴びていなかったり、就寝直前までスマホやパソコンの画面を見ているという人も要注意です。

 

いかがですか?
心身の病気があるならその治療を、生活習慣や嗜好品に偏りがあるならその改善を。
5つの原因に思い当たることがあるなら、積極的に改善を試みましょう。

毎晩眠れるようになるために

眠りについて気になる症状が出たら睡眠不足とは侮らず、積極的な対処が必要です。
不眠症の治療と対策は、自分の努力で改善できることから医師の助けが必要なことまで、幅広くあります。

まずは自分でできること

喫煙や飲酒の習慣がある人が、いきなり禁煙!禁酒!というのは難しいでしょう。
無理することはありませんが、就寝前だけでも控えることを心がけてみてください。

体内時計を整える、というのも重要です。

・毎朝同じ時間に起床する
・朝食を摂る習慣をつける
・太陽の光を浴びる
・昼寝は短めに
・夜にテレビやスマホなどによる刺激を避ける
・就寝2時間前までに食事を終える

これらのポイントを実行することで体内時計が正常に働くようになり、夜になると脳が休息モードに切り替わって眠くなりやすくなります。

また、体温が高い状態から下がるときが眠るタイミング。
活動時にはエネルギーを消費しているので体温が高まりますが、睡眠時は活動しないので体温も下がります。
就寝時に体温・高→低という変化が起こりやすくするためには、

入浴時にはぬるめのお湯にゆっくり
軽めのストレッチで体を温める
寝具や寝室の環境を整える

といった工夫ができます。

生活習慣の見直しから就寝前のコンディション作りまで、日常で取り組めることは以外とたくさんあります。

睡眠薬に頼ってみる

ぐっすり眠る

自分でできることに取り組んでみても改善のきざしが見られない場合には、思いきって睡眠薬の服用を検討してみましょう。

睡眠薬は、ドラッグストアで買えるOTC医薬品(一般医薬品)から病院で処方される医療用医薬品まで、効果や副作用によって幅があります。

「ドリエル」に代表される市販薬を試してみるのもいいですし、精神科へ足を運んで診察を受け、適切な睡眠薬を処方してもらうのも安心できる方法です。
病院へ行く時間がなかなかとれない、精神科へ行くのは抵抗がある、という人は、個人輸入の通販サイトで睡眠薬を買うのもおすすめ。処方薬でも通院の手間なしで購入できます。

睡眠薬という性質上、ネガティブなイメージを持っている人がいるかもしれません。
しかし、不眠症の改善には非常に有効な手段でもあります。
眠れない夜を繰り返すよりも、安定した眠りのためにできることを積極的に活用していけるといいですね。

通販で買える!人気の睡眠薬ランキング

睡眠薬は病院で処方されるものと思っていませんか?
実は、通販でも購入OKな睡眠薬はたくさん。
中でも人気が高いのは、処方薬と同じ成分で作られたジェネリック医薬品(後発薬)です。
優れた入眠効果で不眠に悩む人をサポートしてくれると評判の睡眠薬をご紹介!

ルネスタ・ジェネリック(フルナイト)

睡眠薬ルネスタ・ジェネリックの写真

インドの製薬会社Sun Pharma(サンファーマ)社によるルネスタのジェネリック医薬品。
入眠効果に優れたアモバンの改良版として、少ない成分で効果を発揮するのが特徴です。
苦味が軽減され、より使いやすくなりました。
スピーディーに眠気が現れるので、入眠障害を抱える人に適した睡眠薬です。

エスゾピック

睡眠薬エスゾピックの商品

フィリピンのLloyd Laboratories社が開発したルネスタのジェネリック医薬品。
入眠作用の高さと、リーズナブルな価格で人気の睡眠薬です。
2mgと3mgが用意されているので、症状に合わせてチョイス可能。リピート率が高く、通販ユーザーからは高評価です。

ハイプナイト

睡眠薬ハイプナイトの商品

インドのConsern Pharma社によって作られているルネスタのジェネリック医薬品。
効きが早くキレもいいのが特徴で、なかなか眠れないという入眠障害で悩む人からの人気を集めています。
1mg・2mg・3mgとバリエーションがあるので選びやすいのもうれしいポイント。

-【不眠と睡眠薬の関係】

Copyright© 不眠で悩み続けないために|おすすめ睡眠薬は通販で購入 , 2018 All Rights Reserved.